大松聡子 先生

作業療法士 博士

研究業績(一部抜粋)

Ohmatsu S, Takamura Y, Fujii S, Tanaka K, Morioka S, Kawashima N. Visual search pattern during free viewing of horizontally flipped images in patients with unilateral spatial neglect. Cortex. 2019 Apr;113:83-95.

大松聡子, 高村優作, 今西麻帆, 森岡周, 河島則天: 半側空間無視 半側空間無視の病態基盤を考慮した臨床評価. 理学療法ジャーナ ル. 51(10) 865‐874,2017.

Ohmatsu S, Nakano H, Tominaga T, Terakawa Y, Murata T, Morioka S. Activation of the serotonergic system by pedaling exercise changes anterior cingulate cortex activity and improves negative emotion. Behav Brain Res. 2014 Aug 15;270:112-7.

河野 正志, 寺田 萌, 大松 聡子, 富永 孝紀, 村田 高穂:左半球損傷後のコミュニケー ション障害に対する視覚探索に着目した介入と視線分析を用いた検討 重複した高 次脳機能障害を呈した重度失語症の事例. 作業療法 38(6) 727 – 735,2019.

Tani M, Ono Y, Matsubara M, Ohmatsu S, Yukawa Y, Kohno M, Tominaga T. Action observation facilitates motor cortical activity in patients with stroke and hemiplegia. Neurosci Res. 2018 Aug;133:7-14.

Takamura Y, Imanishi M, Osaka M, Ohmatsu S, Tominaga T, Yamanaka K, Morioka S, Kawashima N. Intentional gaze shift to neglected space: a compensatory strategy during recovery after unilateral spatial neglect. Brain. 2016 Nov 1;139(11):2970-2982.

Ogawa T, Omon K, Yuda T, Ishigaki T, Imai R, Ohmatsu S, Morioka S. Short term effects of goal-setting focusing on the life goal concept on subjective well- being and treatment engagement in subacute inpatients: a quasi randomized controlled trial. Clin Rehabil. 2016 Sep;30(9):909-20.

受賞学術賞(一部抜粋)

2019 ライフサポート学会 バリアフリーシステム開発財団奨励賞
ヒーリング映像を用いた半側空間無視に対するリハビリテーション手法の開発
大松聡子,高村優作,田中幸平,生田純一,河島則天

2018 第22回 視覚科学フォーラム 優秀発表賞
異なる構成要素からなる動画提示 時の半側空間無視の視線特性
大松聡子,高村優作,藤井慎太郎,森岡周,河島則天

2019 第43回日本高次脳機能障害学会学術総会 優秀ポスター発表賞
模写課題の 描画特性から高次脳機能障害の要素を抽出する -空間無視の病態、左右注意配分 や代償との関連性-
河島則天, 大松聡子, 高村優作

2019 第43回日本高次脳機能障害学会学術総会 優秀ポスター賞
半側空間無視症 例の自動車運転再開支援―経頭蓋直流電気刺激との併用介入によるニューロモ ジュレーション―
田中幸平, 大塚幸二, 高村優作, 大松聡子, 河島則天

2017 第19回大阪病院学会 優秀演題賞
半側空間無視の回復過程における机上検 査と生活場面の乖離について
高村優作,今西麻帆,大坂まどか,大松聡子,森岡 周,河島則天