BRAINは脳卒中/神経系に特化した自費リハビリを提供する事業所です

世界的には標準的に行われているEvidence Based Practice(科学的根拠に基づく実践)という手法、そして独自に開発したリハビリアルゴリズムを用い、脳卒中/神経系に特化した訪問型のリハビリサービスを提供します。訪問エリアは東京23区です。

Evidence Based Practiceの概念図
Evidence Based Practiceの概念図

Evidence Based Practiceとは?

世界中でたくさん報告されているリハビリの方法の中から、本当に有効であると科学的に証明された方法を用いてリハビリを進めようという考え方です。

“リハビリ” は一括りにされることが多いですが、CI療法、課題指向型訓練、電気刺激療法、ミラーセラピー、ボバース・コンセプトなど、実はいくつもの方法に分かれます。複数のリハビリが存在している理由は『万能なリハビリ』がないためです。ご利用者様の状態や目標に合わせて “最適な” リハビリが異なります。

Evidence Based Practiceは、いくつものリハビリの中からご利用者様に最も適した方法を用い、なりたい姿に効率的に近づくためのアプローチです。

年末年始休業のお知らせ

2021年12月31日(金)〜2022年1月3日(月)は休業させていただきます。4日(火)より通常営業いたします。

チャリティイベントのお知らせ

<11月27日開催チャリティーイベント>理学療法ガイドライン第2版を臨床へ活かすための勉強会はこちら

『今までのリハビリと違う!』

3つのポイント

01

世界的に有効性が実証されているリハビリの中から、あなたにとって有効なリハビリを選びます。

02

Goal-Based Shared Decision Making(目標に基づく共有意思決定)というコミュニケーション手法を採用し、あなたの目標・価値観の聴取と問題分析をおこないます。

03

リハビリ前後のデータをレポートにまとめ、変化を数値やグラフでわかりやすくご案内します。その結果をもとに、リハビリを継続されるかどうかご判断ください。

どのようなリハビリをやるの?

CI療法

麻痺した腕や手を強制的に使うことによって運動の改善を図るリハビリです。軽度な運動障害をお持ちの方のみが対象になり、また週5回程度の集中的なリハビリが必要になりますが、世界的に安定した効果が報告されています。腕や手のリハビリとしてはとても有効なリハビリ方法です。

電気刺激療法

電気刺激を神経や筋肉に与えることで運動障害の改善や、痙縮(筋肉のこわばり)の改善を図るリハビリです。腕や手に対しては運動障害の改善、脚や歩行に対しては痙縮の改善、歩行能力の改善効果があることが世界的に知られています。

ミラーセラピー

鏡を使って、あたかも麻痺している側の足や腕・手が動いているかのように脳に錯覚させることで運動障害の改善を図るリハビリです。発症してからの経過にかかわらず、また腕や手、足のいずれに対しても有効であることが世界的に知られています。

他のリハビリもあるの?

ご安心ください。その他にもたくさんのリハビリプログラムを揃えています。

BRAINが独自に開発したリハビリアルゴリズムを用い、およそ800のリハビリパターンの中からご利用者様へ適したリハビリを選択することが可能です。

これまでリハビリをやってきてもあまりよくなっていないのなら、それは方法があなたに合っていないのかもしれません。

もし、これからのリハビリに悩まれているなら、私たちへご相談ください。

ご利用開始までの流れ


1. お問い合わせ・ご予約

下記のお問い合わせフォームかお電話にてお問い合わせください。お身体の状態やお困り事について20分ほどヒアリングさせていただき、初回訪問リハビリの予約を取らせていただきます。(リハビリ中もしくは移動中の場合、お電話に出られないことがございます。その際は、携帯電話から折り返しの電話をさせていただきます。)


2. 初回訪問・初期評価

ご予約いただいた日時にご自宅へ訪問し、初期評価を行います。お身体の状態や目標をしっかり確認し、解決すべき問題点を明らかにします。


3. リハビリプログラムの提案

評価結果をもとに、ご利用者様ひとりひとりに合ったリハビリプログラムを提案します。(初回は評価とリハビリプログラムの提案のみになります。適切にリハビリを進めるために必要なプロセスですので、ご了承くださいませ)


4. リハビリプログラム開始

リハビリプログラムにご納得いただけるようでしたら、次回からリハビリを開始します。個人差はありますが、まずは1回あたり60分、週3〜5回、1〜2ヶ月の集中的なリハビリを行いお身体や生活の状況が改善した後、週1回程度へペースを落とし、ご卒業いただくことが多いです。

訪問対応エリア

東京23区内です。

中央区、千代田区、港区、文京区、品川区、目黒区、世田谷区、大田区、新宿区、渋谷区、豊島区、台東区、墨田区、練馬区、中野区など

エリアにより訪問料金が変わることはございません。

運営責任者